三友学習塾は各クラス原則4人、個別で徹底指導します。 三友学習塾は学力向上の習慣と環境をつくることを基本として、 小学1年生から~中学3年生の生徒さんを対象にしています。

インタビュー

塾長へインタビュー

三友学習塾の特徴は何ですか?
小学1年生から~中学3年生の生徒さんを対象に、学力向上の習慣と環境をつくることをしています。そのために、各クラス原則4人で個別で徹底指導します。自習室も開設しており、塾や学校の宿題をするのにも使えます。
入会金は必要ですか?
少しですが、いただいております。 塾生の兄弟姉妹が入塾の場合、後の人は半額です。友人知人のご紹介の場合は、紹介者・被紹介者の双方に特典があります。 ・・・詳細
光熱費などの諸経費は必要ですか?
快適に学んでいただくために、燃料費などの変動によって、昨年から生徒さんに一部のご負担をお願いしております。
塾の名前の由来はなんですか?
塾長 関端桃子の先祖は、愛知県三河郡の出身です。それもあって祖父友之助が前橋市住吉町で雑貨屋を始めるときに、三河の「三」と友之助の「友」をとって「三友商店」と命名をしました。なぜ「みとも」と読まず「さんとも」と読ませたかは謎です。

三友商店
*一番左が祖父 友之助/昭和8年9月13日の三友商店と奉公人

祖父は当時としては、かなりのアイディアマンで(縫い合わせると柄がつながって浴衣になる)てぬぐいのデザインを考えたり、割引券を発行していました。また、毎月3日(さん)と16日(とも)に大売り出しをしていました。

朝は7時から夜は10時くらいまで店を開き、食料品は扱っていませんでしたが、近所の便利屋でした。もちろん年中無休で、休みの日は元旦しかありませんでした。しかもその日まで近所の人が年賀用の品を買いに来ていました。

父は会社員、母は公務員でしたが、祖父は二人の仕事をやめさせて、二代目として店に専念させました。

父和昭の行なったディスプレー
*父が行なって入賞したディスプレー/昭和40年度 ライオン油脂製品山積コンクール 入賞店

このように徹底して祖父は、近所の人たちに物を売ることで貢献していましたが、時代と共に大手スーパーが進出したり、コンビニエンスストアーができたりで、経営状態が厳しくなり、継ぐ人もなく、閉店することになりました。

先祖からの「三友」の名が無くなるのはあまりにも寂しいので、「三友学習塾」として名をのこしました。

これからは物を売るのでなく、学習を通じてコミュニケーションをはかる事で地域に貢献させていただきたいと思います。

株式会社 家族会議/三友学習塾 社屋

スタッフにはどんなひとがいますか?
普段の授業は塾長の関端桃子が責任を持って行なっています。

塾の方向性、新しい教育の動向、特に就活が厳しくなっている現状を踏まえて、キャリア(仕事を通しての人間の生き方)教育に力を入れ、小中学生の頃から「社会でたくましく生きていくための基本の力~社会性、コミュニケーション能力」を身につけるために、スタッフ・顧問として加寿 明、小林英一の両名と定期的にミーティングを行なっています。

塾長コラム「はーとあはんと4匹のねこたち」

お気軽にお問い合わせください。 TEL 027-234-3757 群馬県前橋市住吉町1-1-10
三友学習塾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
Copyright © 三友学習塾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.